北海道の歴史について

北海道が日本に編入されるまで

北海道はもともと日本の領土ではなく、アイヌと呼ばれる先住民族が住んでいました。アイヌと私たち日本人の関係は中世までさかのぼります。中世の日本人は現在の函館市を拠点としてアイヌとの交易を行っていました。その中でも蠣崎氏は江戸幕府から北海道を治める大名として認められ、戦国時代から江戸時代中期にかけて北海道で大きな権力を持っていました。
そのような関係が変わったのは江戸時代後期以降、外国の船が日本との貿易を求めて来航するようになってからです。
当時鎖国を行っていた江戸幕府は北海道の北にあるロシアに対して脅威を抱いており、国土防衛のために北海道を幕府の直轄地として統治を行います。これによって、事実上北海道は日本の領土に編入されたのです。

武士の手で開拓が行われた

明治になり、江戸幕府が倒れ明治新政府が発足すると、廃藩置県によって職を失う武士がたくさん発生しました。これによって職を失った武士の仕事を作るために、明治政府が行った政策として北海道の開拓が挙げられます。当時、すでに開拓されていた本州や九州、四国と違って北海道はかなり未開拓の地が残っていたためです。
明治政府は失業した武士を普段は農業に従事しながら有事が起きた際に戦える屯田兵として北海道に送り開拓を行わせました。屯田兵たちは北海道で畜産や農業を行い、徐々に北海道を発展させていきます。特に戊辰戦争で明治新政府に抵抗した北陸・東北出身の人が移住者の多数を占めていたことから北海道の文化に大きな影響を与えました。

函館旅行は、多数の旅行会社で豊富なプランを扱っており、予算や日程などに応じて自分に合ったプランを選べる他、インターネット上で手軽に申込みが可能なのも魅力です。