北海道の歴史を学びたい!そんなあなたにオススメの観光スポット!

史跡「五稜郭」で幕末を学ぼう

函館市のほぼ中央にある五角形の珍しい西洋式の城郭です。五稜郭といえば、幕末の歴史の中ではクライマックスともいえる函館戦争の舞台です。榎本武揚率いる幕府軍が五稜郭を占拠し、新政府軍と戦います。新選組の土方歳三がここで生涯を閉じたことでも有名です。現在建造物は残っていませんが、まだ北海道が蝦夷地と呼ばれていた頃の、江戸時代の歴史と北海道の関わりを知ることができる貴重な史跡となっています。歴史に詳しくない人でも、五稜郭は豊かな自然に恵まれた公園であり、桜の時期などはたくさんの見物客でにぎわいます。近くの五稜郭タワーからは、地面からはわかりにくい五稜郭の星形の姿を真上から見ることができるので人気です。

「北海道博物館」で北海道を丸ごと学ぼう

札幌市にある北海道そのものの歴史を学ぶのに相応しい北海道博物館です。北海道開拓記念館とアイヌ民族文化研究センターという二つの施設を統合して、2015年に開設された新しい博物館です。太古の昔から現代にいたるまでの成り立ちや、自然との関わり、その開拓の歴史や文化など、北海道という土地そのものの魅力を堪能できるところとなっています。また、アイヌ文化について知る機会はなかなかありませんが、こちらではアイヌ民族の独自の文化に触れ、自然と共存する生き方や、本土との関わりによる苦難を強いられた歴史を学ぶことができます。企画展やイベントなども開催されていて、いろいろな側面から北海道を知ることができる博物館になっています。

冬の知床ツアーでは、流氷の上を歩く流氷ウォークや、流氷の下の世界を体験することができる流氷ダイビングなど、流氷を満喫できるアクティビティが人気です。